前立腺がん:患者数が増加している男性特有のがん

前立腺は、精液の一部である前立腺液を分泌している臓器です。前立腺は恥骨の後方にあり、膀胱下側の尿道を取り巻いています。

腫瘍マーカーPSAによる早期発見が重要です

前立腺がんは、前立腺を構成している腺細胞が正常な細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発生します。50歳ぐらいから年をとるにつれ発生しやすくなるという特徴があります。ほかのがんと同様に、前立腺がんも早期発見が治癒につながります。50歳以上の男性は、定期的に検診を受けることが大切です。

前立腺がんの詳しい原因は、まだ明らかになっていませんが、脂肪分の多い肉類の食べすぎ、緑黄色野菜の摂取不足、アルコールの過剰摂取などが要因として考えられています。最近、遺伝子の異常が原因とも言われていますが、細胞がなぜがん化するのかについてはわかっていません。

前立腺がんの約90%は男性ホルモンで進行が速められます。そのため、男性ホルモンの作用を抑える薬剤を用いれば、がんの増殖を止めるだけでなく、がん細胞の一部を死滅させることができます(内分泌療法)。このことから、前立腺がんは上手く治療すれば、比較的予後のよいがんといえます。

前立腺がんの症状
前立腺がんは、初期には無症状ですが、がんが大きくなると、前立腺の位置的な関係から尿道や膀胱を刺激し、1.尿が出にくい(排尿困難)、2.尿の回数が多い(頻尿)、3.排尿後、尿が残った感じがする(残尿感)、4.尿意を感じるとトイレに行くまで排尿を我慢できない(尿意切迫)、5.下腹部不快感、などの尿道狭窄症状や膀胱刺激症状をもたらします。

前立腺がんが、尿道よりも遠い組織に発生したときには、尿道狭窄症状や膀胱刺激症状が出る前に、骨転移による症状(腰痛、四肢運動痛が生じたり、骨折しやすくなる)が生じることがあります。このような場合、整形外科だけでなく、泌尿器科もいっしょに受診する必要があります。

がんが大きくなり尿道を閉塞すると尿が出なくなります(尿閉)。こうなると、尿が膀胱にたまり下腹部痛を起こします。

前立腺がんの腫瘍マーカー:PSA(前立腺特異抗原)

前立腺がんの治療法
前立腺がんの特徴は成長・増殖が遅いことです。そのため、がんを発見してもすぐに体への悪影響が考えられない場合には、定期的に検診を行って、がんの進行状況に応じて治療を開始するケースもあります。治療を行う場合は以下の3つの療法を単独、もしくは組み合わせて行います。

  1. ホルモン療法…前立腺がんの成長に関係している男性ホルモンの作用を薬によって抑えることで進行を食い止めます。前立腺がんの基本的な治療法です。
  2. 手術療法…転移がなく、がんが1か所に留まっている場合に用いられ、前立腺全部を摘出し、がんの原因を取り除きます。
  3. 放射線療法…放射線を患部に当てることで、がんを死滅させる治療になります

治療法後にメリット、デメリットがあります。年齢や性機能の温存の希望などを担当医とよく話し合った上で、治療法の選択を行います。