肺がん:日本人のがんで最も死亡率が高い

肺や気管支などの粘膜に発生するがんで、その多くは腺がんと扁平上皮がんという、気管支の粘膜に発生する2種類のがんです。

胸部エックス線撮影で見る肺がん

症状が現れたときはすでに進行している場合が多く、死亡者数は肺がんを抜いて1位になっています。肺がんは周囲のリンパ節への転移が早く、また脳や骨髄へ転移しやすいので手術が困難な場合がよくあります。

肺がんには喫煙が大きく関係し、喫煙者が肺がんになる危険性は、吸わない人の10倍以上とされています。とくに扁平上皮がんは、喫煙との関係が深いといわれています。1日の平均喫煙本数と喫煙を続けた年数を掛け合わせた数値を喫煙指数と呼び、この値が600以上の人は危険性が高いといえるでしょう。

禁煙が大切

肺がんの症状
肺がんによる症状の出方は、発生部位(肺門部と肺野部に分けられる)や、がん細胞の組織型によって異なります。

肺門部肺がん
気管支が分岐するところ(肺門部)に発生したがんを肺門部肺がんと呼びます。このタイプは気管支粘膜にがんが露出していることが多く、そのため、発生初期から気管支に分布している神経を刺激し、咳が続いて出たり、気管支粘膜腺から粘液を盛んに分泌するため、痰が増えます。とくに、咳は呼吸が苦しくなるほどしつこく続きます

また、がんが大きくなるにつれてできた糜爛(ただれ)や潰瘍が、咳などの刺激で崩れて出血すると、血痰が見られるようになります。また、炎症によって微熱が続くこともあります。

肺野部肺がん
肺の抹消に発生するがんを肺野部肺がんと呼びます。肺野部には感覚神経などがないため、がんの発生初期にはほとんど自覚症状はありません。がんが大きくなり、肺を取り囲む胸膜に浸潤すると、鈍い痛みを強く感じるようになり、胸膜炎症を起こし、微熱が続いたりします。

進行すると、胸腔内に水分(胸水)がたまり、呼吸困難を引き起こします。また、がんが成長して気管支粘膜を刺激すると肺門部肺がんと同様に咳が頻発します。

肺がんの腫瘍マーカー:CYFRASCCCEACA125NSE、ProGRP

肺がんの治療法
まず、がん細胞を採取して、扁平上皮がん、腺がん、小細胞がん、大細胞がんのどの種類のがんなのかを確定します。4種類のうち、小細胞がんはほかのがんと性質が大きく異なるため、治療方法は小細胞がんと、それ以外の非小細胞がんの2タイプに分けられます。

小細胞がんは、肺がんの中で最も進行が速く、放置すれば平均3ヶ月しか生存できないといわれています。治療には、抗がん剤を用いた化学療法や放射線療法が非常に効果がありますが、副作用がともなうので専門施設での治療を受けることが大切です。

ほかの3種類のがんは進行は遅いですが、自覚症状が現れた後に発見された肺がんは進行しているケースが多く、手術可能と判断される患者は全体の20〜30%にとどまります。あらゆる治療法が用いられていますが、完治は難しく、早期発見、早期治療が肺がん治療においては大切です。