食道がん:50歳以上の男性に多く転移しやすい

食道の内面を覆っている粘膜は扁平上皮といって、皮膚を覆っている組織とほとんど同じ形になっています。食道にできるがんは、多くが扁平上皮がんで、好発部位は食べ物の刺激を受けやすい中央部と下部です。

内視鏡で見る食道がんの画像です

食道がんは、先進諸国中では日本に目立って多く、現在でも増加傾向にあります。50〜70歳代に多く、女性よりも男性に5倍も多く発生しています。とくに喫煙する人、毎日お酒を飲む人、また辛い味の刺激物を好む人など、食道をよく刺激する人に多くなっています。

食道がんは、早期のうちに発見できれば、ほとんど完全に治癒します。早期発見には、年1回の検診が不可欠です。とくに喫煙や飲酒などの危険因子がある人は、異常がなくても定期的に検診を受けることが大切です。

食道がんの症状
食道は、正常な食道壁が半周以上残っていれば、食物を通過させることができます。したがって「つかえる」「飲み下しができない(嚥下困難)」といった明らかな症状は、がんが半周以上におよばないと現れません

しかし、食道がんが食道粘膜を損傷し、水分や食物が食道を通過するさい、「ヒリヒリする感じ」「胸骨の裏側辺りがしみる感じ」など、普段あまり意識することのない異常を感じることもあります。

これらの症状があっても、喉の病気と思って耳鼻咽喉科に行ったり、心臓病や呼吸器の病気と考えて、循環器内科や呼吸器内科を受診すると、それだけ食道がんの発見が遅れてしまいます。

食道がんが進行してくると、パンや肉などの乾いた固形物をあまり噛まずに飲み込んだとき、つかえ感や痛みが生じ、食欲も低下してきます。がんが食道の全周を占拠すると、いったん飲み込んだ水分や食物が逆流して「むせ」が生じたり、唾液が飲み下せず(嚥下困難)、いつも吐き出すようになります。

また、食事をするたびに起こるむせは、咳や呼吸困難を誘発し、食欲不振をひどくさせ、体重も減少してきます。さらに、がんが大きくなり、食道周囲の気管、肺や脊椎、大動脈を圧迫し始めると、胸の奥や背中に痛みが生じます。気管を圧迫した場合には咳や血痰をみるようになります。

食道がんの腫瘍マーカー:SCCp53抗体

食道がんの治療法
食道がんはほかの消化器がんと比べ、放射線や抗がん剤が効きやすく、これらの治療法と手術と組み合わせることで、かなり進行したがんでも治せるようになってきました。ごく早期に粘膜内でがんが発見されれば、内視鏡で切り取るだけで治癒させることが可能です。

年齢や体力、病状によって選択されますが、標準的な治療は、がんを含めて食道を切除する手術療法となります。手術では食道、リンパ節など周囲を切除し、食べ物の通り道を再建する手術を行います。