20〜30歳代半ばで子宮頸がんを発症する女性が増加中

子宮がんは、袋状の臓器である子宮の内側を覆う上皮細胞から発生するがんで、女性性器がんのなかで最も多いものです。子宮がんは、子宮の入り口付近の子宮頚部にできる「子宮頚がん」と、子宮の奥の体部粘膜にできる「子宮体がん」の2種類に分類されます。

発生部位の違い

下のグラフは、国立がん研究センターの資料を元にまとめた「子宮がんの年代別罹患率」ですが、子宮頸がんは20歳代から30歳代半ばにかけて急上昇しており、若い年代から検診を受けることの重要性が示されています。

日本人の場合、今までは子宮頸がんが圧倒的に多く、子宮がんの約80%を占めていました。しかし、ここ20年ほどの間に、欧米諸国に多い子宮体がんが日本でも次第に増えてきました。この2種類の子宮がんは原因も治療法も異なるため、別のがんとして扱います。

子宮がんの原因
近年の研究により、子宮頸がんの発症にはヒトパピローマウイルス(写真参照)が関与していることが明らかになりました。このウイルスには100以上の型があり、そのなかでも16型と18型が特に発がんリスクが高くなっています。これらのウイルスは男性の性器に潜んでいて、性交時に子宮の入り口付近の細胞に感染します。

子宮頸がんの画像

ただ、ヒトパピローマウイルス自体は特別珍しいウイルスではなく、セックスの経験がある女性の約50%は感染した経験があるとされています。通常は体に備わっている免疫力でウイルスは排除されるため、がんを発症することはありません。

しかし、ごく一部の女性はヒトパピローマウイルスが排除されないまま、前がん病変(正常な組織に比べてがんの発症リスクが高い形態に変化した組織)を形成し、さらにその一部の人が子宮頸がんを発症します。ヒトパピローマウイルスに感染して、子宮頸がんを発症する率は0.15%となっています。

子宮体がんは、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の持続分泌が、引き金になるといわれています。卵巣から分泌されるエストロゲンは、月経血とともに剥離する、子宮内膜の再生と増殖を促進する働きがあります。

しかし、排卵障害があると、エストロゲンのみが長期間分泌され続けることになります。この持続分泌が、がんの原因になるのです。

子宮がんの症状
子宮頸がんの特徴的な症状に、性交時の子宮頚部への刺激による出血がありますが、初期には自覚症状はほとんどありません。自覚症状が少ない(=がんの早期)段階で子宮頸がんが発見された人の多くは、定期的に子宮頸がん検診を受けている人です。

自覚症状は少ない

子宮体がんの場合には、月経以外に出血(不正出血)がみられます。閉経後の不正出血がみられた場合は、すぐに婦人科で検査を受けたほうがよいでしょう。また、子宮や膣粘膜などからの分泌物の増加などによるおりものがみられます。

がんが進行すると、不正出血やおりものの増加が顕著になります。また、がん組織の壊死と腐敗菌の感染のため水溶性・血性・膿性のおりものが増え、悪臭を発するようになります。

がんが子宮口をふさぐようになると、子宮の中に感染などによって生じた膿がたまった状態(子宮溜膿腫)になり、下腹部痛や発熱を起こします。

がんが膀胱粘膜に浸潤すると頻尿、血尿や下腹部痛がみられ、尿管が腫瘍で圧迫されると、腎臓からの尿の流出が困難になり(水腎症)、末期には尿毒症を併発します。また、直腸粘膜に浸潤すると便に血が混じるようになります。

子宮がんの腫瘍マーカー:hCGSCC、STN

子宮がんの治療法
早期の子宮がんは手術療法や放射線療法によってほとんど100%治すことができます。子宮頸がんの治療は子宮を摘出する手術が基本です。ごく早期のがんで妊娠・出産の希望がある場合などは、患部のみを切除し、子宮を残す手術を行います。

進行している場合は、子宮摘出の手術を行いますが、切除する範囲や卵巣も同時に摘出するかなどは、進行の状況、がんの種類や患者の年齢によって判断されます。

子宮体がんの治療も子宮摘出が基本ですが、ごく早期ではホルモン療法だけの治療も可能です。手術の場合、子宮体がんは卵巣などへ転移しているケースが多いため、卵巣や周りの組織も広い範囲で摘出するのが一般的です。