その他の腫瘍マーカーの一覧

ここまで、使用頻度の高い腫瘍マーカー(右側のリスト一覧)を見てきましたが、このページではそのほかの腫瘍マーカーをリストとしてまとめてみました。検体は最後のポリアミンとBJPのみが尿となっており、それ以外はすべて、血清を調べます。

腫瘍マーカーには数十種類ありますが、決まった臓器のがんに反応する(特異性が高い)ものもあれば、多くの臓器のがんに反応するものもあります。そのため複数の腫瘍マーカーを組み合わせたり、血液検査や画像検査、病理検査などの結果から総合的に検討されます。

名前基準値特徴
IAP500ug/ml以下免疫機能の低下する悪性腫瘍(消化器がん、肺がん、卵巣がん)や慢性炎症などで上昇するため、経時的に測定すると治療経過・再発などを判定する指標となります。
BFP75ng/ml以下消化器、泌尿器、生殖器などのがんのマーカーとして利用されています。
SPan-1 抗原37U/ml以下膵臓がん、消化器のがんの診断補助、治療効果判定、経過観察などに有用です。
DUPAN-2150U/ml以下膵臓、胆道、肝細胞がんのマーカーとして有用ですが、良性疾患でも高値を示すことがあります。
NCC-ST-4397U/ml以下当初は胃がんのマーカーとされていましたが、膵臓をはじめとする消化器がんや、乳がんの目安としても利用されています。
BCA225160U/ml以下乳がんへの特異性が高いため、乳がんの治療効果や再発の判定に有用です。
ProGRP46pg/ml未満肺がんに特異性が高く、NSEよりも早期に数値が上昇します。
PAP3ng/ml以下前立腺のマーカーですがほかの病気でも反応します。主に経過観察に用いられています。
γ-Sm4ng/ml以下前立腺のマーカーです。PAPやPSA(前立腺特異抗原)の補助的検査として行われます。
STN45U/ml以下胃、胆道、膵臓、卵巣、子宮頸がんなどで高値を示します。
CA5040U/ml以下膵臓と胆道系のがんに高い陽性率を示します。CA19-9やDUPAN-2などの腫瘍マーカーと併せて、これらのがんの診断、治療後の経過観察、再発の早期発見などに利用されます。
CA54/614U/ml以下卵巣がんで高率に陽性となり、CA125などと併せて、診断材料となります。
CA72-44U/ml以下消化器、卵巣、乳がんのマーカーとして有用です。
CA13035U/ml以下主に卵巣がんで上昇を示すマーカーです。
BAP男性:13〜33.9U/l
女性:9.6〜35.4U/l
慢性腎不全による透析患者の診断指標として有用です。
Dpyr男性:2.1〜5.4nmol/nmol・Cr
女性:2.8〜7.6noml/nmol・Cr
悪性骨髄腫の骨転移の有無、多発性骨髄腫の病状や治療など骨病変のモニターとして有効です。
KMO-1530U/ml未満消化器のがんに高い陽性率を示し、特に膵臓、胆嚢、胆管、肝臓がんで高くなります。病気の経過、治療効果の判定と、慢性膵炎、胆石、急性肝炎などの良性疾患との鑑別役立ちます。
ポリアミン13.2〜46.2μmol/g・CREがんの大きさや進み方を反映するため、経過観察や悪性リンパ腫の診断、抗がん剤や放射線療法の治療効果の判定などに使われます。
BJP陰性(-)多発性骨髄腫、慢性リンパ性白血病、原発性アミロイドーシスに反応します。