腫瘍マーカーとは?

がんの目印となる特定の物質
腫瘍とは、体内の細胞の一部が突然、異常分裂してしこりになるものです。良性と悪性があり、悪性腫瘍が「がん」です。

体内に腫瘍ができると、健康なときにはほとんど見られない特殊な物質が、その腫瘍により大量につくられ、血液中に出現してきます。この物質を「腫瘍マーカー」といいます。

がん細胞

腫瘍マーカーは、がんの発生臓器と強い関連性を持つ特徴があるため、血液中にこの物質が基準以上に出たときは、がんがあることが推測されます。

腫瘍マーカーの検査は、がんのスクリーニング(ふるいわけ)として行われますが、現状ではまだ理想的な検査とはいえず、腫瘍マーカーが陽性だからといって必ずがんがあるわけではなく、反対に陰性だからといって完全にがんが否定できるわけではありません。

数値の上昇はがんの進展に比例することが多く、早期では正常のこともあるため、がんの早期発見のためというよりも、主としてがんを診断していくうえのひとつの補助的な検査、あるいは治療していく上での経過観察の検査としての意味合いが強くなっています。

検査の方法
おもな方法としては、採取した血清にモノクロール抗体という試薬を加えると、含まれている腫瘍マーカーと結びつくので、その量を測定します。また、尿や膣分泌液などを採取することもあります。

確定診断は、ほかのマーカーも参考にしながら、超音波検査やX線CT、血管造影などの画像診断、生検などを総合して下されます。
また診断が確定したあと、がんの進行程度の判断や治療後の経過観察、再発や転移の発見に役立てられています。

なお、基準値は測定法によって異なります。検査値を読む場合は、どの測定法が用いられたかを確認することが大切です。

がん検診について

がんの場合、初期には症状の現れないことがほとんどです。この時期に定期的に検診を受けて早期に発見し、治療することが何よりも大切です。

人間ドックでは精度の高い診断検査が行われます

自治体の行う住民検診では、胃や肺、大腸、乳房、子宮など発生頻度の高いがんのスクリーニング(ふるいわけ)が行われます。

職場の検診や人間ドックでは、スクリーニング検査は組み込まれていて、尿、便、血液の検査や、触診、喀痰、膣分泌液の細胞診、各臓器のエックス線、超音波検査などが実施されています。

人間ドックでは、さらに内視鏡、注腸X線、マンモグラフィー(乳房X線)、腫瘍マーカーなど、より診断精度の高い検査が行われたり、肝臓、腎臓、前立腺など、ほかのがんの検査項目が追加されるところも多くなっています。

がん検診の目的は早期発見ですが、すべてのがんをチェックするわけではありません。そこで、家系的にがん患者が多い人は、施設に前もって問い合わせて、必要な追加検査を受けるようにするとよいでしょう。検診の結果、がんが疑われれば、CT、MRI、PETなどの精密検査が行われます。

死亡原因第1位としてがん患者数が増加し続けている近年、がんの総合的な診療を手掛ける腫瘍内科医の存在が注目されています。新たな診療科を立ち上げ、腫瘍内科 医師 求人募集を行う総合病院や大学病院は今後10年で大きく増加すると考えられます。